CLAP学園☆オカルト研究部

アクセスカウンタ

zoom RSS 未確認飛行物体UFOの謎を考えるvol.3

<<   作成日時 : 2013/09/01 07:03   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 1

前回では、UFOの形や強度などを書きました。

その他にもUFOの形は、三角型、菱型、V字型、ピラミッド型、なども発見されています。



さて、UFOが生物の乗り物だとすれば?

中に居る生物にGがかかると大変です。

この辺りは、vol.1でも言ったように重力と遠心力が釣り合い無重力を作りだす。



そこで、地球の大気圏内で重力が無い状態にするには?


これは、アインシュタインが気付いた重力が加速度であるです。

つまり、自由落下している物体は重力が消えた状態になっていると言うことです。



簡単には、地球が良い例でしょう。

広大な太陽を回っているのです。

その速さは戦闘機より早く動いて居ますし。

地球の回転速度もかなりの速さです。

ですが、Gはかかりませんよね。

即ち、地球は太陽の太陽に対して自由落下しているのです。

これにより、太陽の重力に対しては重力が消去された状態なのです。

つまり、地球と言うUFOに皆は乗っていると言うことです。

そして、地球上の生物が無重力で飛ばされないように地球に重力がある。


また、地球上で言えばエレベーターに乗っており、とつぜんワイヤーが切れたとします。

もちろん、エレベーターは地球の重力により落下します。

そして、中の人もエレベーターと同じ速さで地球の重力に引かれるままに落ちていきます。

中の人は体重を支えていたゆかがなくなってしまう状態になるため。

重力を感じることができなくなってしまい、落ちる工レベータの中でうかんでしまいます。

つまり、エレベーターの中は「無重力状態」になっていると言うことです。



では、ここでUFOの動力は何か?エネルギーは何か?と思うことでしょう。

そこで、僕はUFOのエネルギーは「反発エネルギー」であると考えています。


考えて下さい、UFOの動きを!


フワフワと飛び、リニアモーターカーのように移動をしている。


つまり、磁力の「同じ極なら、反発する。」と言うエネルギーを使っていると僕は考えます。




ここで、vol.1に書いたスペースシャトルです。

シャトルの中では重力(FG)と遠心力(FC)が釣り合い。

F=FG−FC=0となり、微小重力環境が実現してるのです。

これにより、秒速8qの速さで飛んでも人間は圧縮されないんですよね。


しかし、現在の地球の乗り物で考え、大気圏内を同じ速さで飛べばGが直接かかり。

どの様な生物も瞬時に圧縮されてしまいます。


そこで、Gの無効化はGの力とつり合うように力を加え続けなければなりません。

ならば、加速度をフリーにする『重力制御』が必要です。

こうなると、反物質が必要になりますよね。



これが、先ほど僕が述べた「磁力の「同じ極なら、反発する。」と言うエネルギーを使っている」です。


例えば、貴方は30mの高さから磁力の強いS極を持って飛び降りました。

着地地点に何もなく、単に落ちれば、貴方はGによりペチャンコになります。


しかし、着地地点に磁力の強いS極の磁石を置いていたとすれば?

磁力同士が反発してしまい貴方は下に落ちませんよね。

つまり、Gがかからないのです。


そこで、磁力による「重力制御」ですが。

偶然に僕の言った「磁力」これを研究された方が居ました


少し書きますと。

磁気力は,密度ρ,質量磁化率χg,磁場強度H,勾配(dH/dy)の積で表されます。
式(1) FH=ρχgH(dH/dy)。
容器中の液体、例えば水に上向きの磁気力FHが作用する場合,水に働く力は重力FGと磁気力FHの差になります。

式(2) F=FG―FH=ρg〔1−χgH(dH/dy)〕=ρpgpは重力レベルで,地上では1,月面は0.2,スペースシャトル中は0になります。
水に作用する磁気力を変化させれば、みかけ上の重力レベルを宇宙環境から地上環境まで、自由に制御することが可能になります。
さらに磁気力を下向きにすれば、重力レベルを地上より大きくすることも出来ます。



ココで、僕が先ほど述べたエレベーターの中は無重力状態になってるです。

ですが、落下速度は中でも発生してる為に着地した時にはGがかかり、中の人はエレベーターと共にペチャンコ。

それを和らげる物を着地地点に用意していればGを緩和することが出来ます。

また、地球で無重力体験をする飛行機に於いても、急降下と急上昇して無重力体験をします。

この時に、中の人も着地時にGがかかります。

ですが、中の人は大丈夫です。

これは、急降下と急上昇により、つり合う形に近いからです。

つまり、等価原理。

即ち、磁気力で作られた重力制御は等価原理により、Gも慣性も無効化されていると言うことです。



さて、磁気をどのように発生させ、コントロールしているのか?

それが謎であり、UFOが地球上の生物が考えた物では無く。

宇宙の別の惑星から来た飛行物体であると言うことです。

と書くと、ふざけるなーーーっと言われそうなので、想像ですが僕が考えました。


地球には、磁場がありますよね。

しかし、この磁場だけでは人を浮かせるだけの力は無いと思います。

そこで、電磁石を考えて下さい。

コイルが巻かれ電力で磁場を発生させる。

そのコイルが、ニクロム線ではなく。

アルファ線、ベータ線、ガンマ線、X線、中性子線など、目に見えない線だと考えて下さい。

そうすると、地球上には沢山ありますよね。

そうなると、十分に何かを浮かせるだけの磁力が作れると思います。


そして、電力は僅かですし。

SF映画などを見ても、UFOは車の電力などを奪い現われてますよね

もちろん、その様子を映画で作り出した映画監督など、その論を考え辿りついているのですから。

唐突に、車のエネルギーを奪ってしまえーなどの発想をしていないと思います。


つまり、電磁石で言う、コイルの中の鉄の棒が「地球」

そして、アルファ線、ベータ線、ガンマ線、X線、中性子線などが「ニクロム線」の代用となるだろうと僕は想像しました


さて、貴方はUFOを信じますか?

そして、別の惑星に宇宙人は居ると思いますか?

更に、それは地球より遥かに高い技術を持った生命体だと思いますか?


おわり。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
 私は今すぐにでも、UFO(未確認飛行物体)を見たいです。特に形は、1990年にベルギーで目撃された、三角形UFOです。
 UFOが表れたら、携帯電話で撮り、凝視したいいです。
エリア51の職員
2013/10/15 20:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
未確認飛行物体UFOの謎を考えるvol.3 CLAP学園☆オカルト研究部/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる